ストラビランテイス(ウラムラサキ)

遠くからでも人目を引く、紫色がメインの葉色をした植物です。葉の裏がムラサキ色をしているところからウラムラサキと呼ばれています。
 
日なた
普通
春から秋の生育期間中は、緩効性の置肥を1~2か月に一度置いて株を充実させます。
カイガラムシ、ハダイ、アブラムシ。
5月, 6月
挿し木。
弱い
 冬期は室内の暖かな場所にて管理。
強い
  
生育が旺盛でグングンと生育します。バランスが,悪く倒れるときは、支柱等でサポートします。

良く日の当たる場所で管理すると、光沢のある葉色になります。

 
strobilathes auriculatus var.dyeriana.
キツネノマゴ科
ストラビランテシス属
ミヤンマー
低木
花と言うよりは、葉を観賞する
6月, 7月, 8月, 9月, 10月
成株
1月, 2月, 3月, 4月, 5月, 6月, 7月, 8月, 9月, 10月, 12月
観賞時期1年中、開花時期

プロトリーフの場合観葉植物の土
一般的な土の場合

一般的な土の場合
A=赤玉土・小粒:7 腐葉土:3
B=赤玉土・中粒:7 腐葉土:3
C=赤玉土・小粒:4 腐葉土:3 鹿沼土・小粒:3
D=赤玉土・小粒:4 鹿沼土・小粒:3 軽石・小粒:3