アガパンサス(紫君子蘭、ムラサキクンシラン)

水平に左右対称的に伸びた葉の中から、すらっと伸びた花茎を立ち上げて手毬状に花を咲かせる植物です。じゅぶで育てやすく、梅雨空の下で花咲く姿は何とも言い難い味わいのある植物です。
 
日なた
普通
春先と晩秋の頃に緩効性の置肥を与えて株を充実させます。
アブラムシに注意。予防に心掛け、見つけ次第早めに対処します。
1月
株分け 春先に株が込み合っているようであれば2~3株を1単位として株分けします。
普通
 寒さには強いものの常緑、半落葉により耐寒性に差があります。
強い
  
多肉質の根なので、過湿に弱いので乾いてからタップリと水やりします。

花をそのままにしておくと、タネができます、種ガラもかわいいのですが、傷んだ花や終わった花は早めに取り除いておきます。

 
Agapanthus africanus
アガパンサス科
アガパンス属
南アフリカ
多年草・宿根草
白, 青, 紫
 
2月, 3月, 4月, 5月, 6月, 7月
苗・株2月~5月、開花株6月~7月
6月, 7月, 8月
開花株

プロトリーフの土の場合
花と野菜の有機培養土、花野菜用かる~い培養土
一般的な土の場合

一般的な土の場合
A=赤玉土・小粒:7 腐葉土:3
B=赤玉土・中粒:7 腐葉土:3
C=赤玉土・小粒:4 腐葉土:3 鹿沼土・小粒:3
D=赤玉土・小粒:4 鹿沼土・小粒:3 軽石・小粒:3